積極的に摂取した方がいい人間
お酒をよく飲む人

前にも書いたように、タウリンには肝機能を高める働きがありますのでお酒が好きで毎日のようにお酒を飲んでいる方や、仕事上の付き合いなどでお酒を飲む機会が多い方は是非気をつけてタウリンを摂取するようにして下さい。

ではここでお酒を飲みすぎると何故肝臓の働きを害してしまうのかをご説明しておきますね。

お酒に含まれるアルコールは体内に吸収されるとまず肝臓に運ばれます。肝臓に運ばれたアルコールは水素とアセトアルデヒドに分解され、そしてアセトアルデヒドは水素と酢酸に分解され最終的には炭酸ガスと水に分解され体外に排出されます。

アルコールが分解されたときに始めに出来るアセトアルデヒドが血液中に増加することで酩酊状態になり、俗に言う『酔っ払い』へとなるのです。

これらの作業を肝臓はお酒を摂取すると常に行います。肝臓は通常能力に少し余剰分を残しているのですが、毎日のようにアルコールを摂取すると常にこの分解作業を行わなければならず、疲弊してしまいます。

またアルコールが体内に吸収される量が肝臓の処理能力の限界を超えてしまうと、肝臓内に中性脂肪が溜まり本来の機能が果たせなくなります。そうなると肝硬変などの様々な肝機能障害を発症してしまうのです。

タウリンは前にもお話したとおり、肝機能を強化してくれるのでお酒をよく飲む方はタウリンも積極的に摂取し、疲弊しがちな肝臓の働きを補助してあげることが大事になります。

ですがいくらタウリンを摂取していてもお酒の飲みすぎはいずれ身体に何らかの障害を起こしてしまう可能性が高いので、飲みすぎには気をつけて身体を大事にしましょうね。

ミックスチャット「ライブチャット zeus」