タウリンの基本的な知識
合成のタウリン

前回お話した天然のタウリンと対をなすのが今回お話する合成のタウリンです。

合成のタウリンとはエチレンオキシドと水性亜硫酸水素ナトリウムの反応で得られるイセチオン酸から生成され、合成されたタウリンは医薬品として扱われます。

ですので世にあるタウリンを含有した医薬品や栄養ドリンクなどの医薬部外品に含まれているタウリンは全て化学合成されたタウリンなのです。化学合成されたタウリンは勿論薬品としての使用が認められていますから、摂取しても安全な成分であると言えます。

そもそもタウリン自体には摂取によって起こる弊害はありませんので、副作用やアレルギー反応などの不安を持つ必要はありません。

ですが科学合成されたタウリンは日本薬局方では純度が98.5%をクリアしていたらOKなので、残る1.5%のうちに不純物や化学反応によって発生する中間物などが残留している可能性はないとは言い切れません。

こういった所から合成タウリンを含有する医薬品や医薬部外品には摂取の副作用として下痢や便秘、腹部の不快感や嘔吐などが記載されてあります。

この点から見ても摂取が望ましいのは合成のタウリンよりも天然のタウリンなのは明らかですが、天然のタウリンの所でもお話しましたがだからと言って天然のものなら何でもいいわけではありません。

合成のタウリンでもよっぽど頻繁に摂取していたり、化学合成のものが身体に合わない方でない限り副作用の発症する危険性は少ないですし(だから使用されているのですが)、要は天然か合成かだけを考えずその他の成分や摂取の仕方をきちんと考え自分のスタイルや身体にあった摂取方法を採りましょう、という事です。

ミックスチャット「ライブチャット zeus」