タウリンの効能
糖尿病の予防

糖尿病の方は潜在的な方も含めれば日本全国に2210万人も存在すると言われています。そんな国民病とも言える糖尿病の予防にタウリンはその効果を発揮してくれるのです。

タウリンが何故糖尿病に効果を発揮するのか、ですがタウリンにはインスリンの分泌を促し血糖値を下げる働きがあるのでそれが糖尿病の予防や糖尿病から発症する合併症の予防に効果があるのです。

そこで糖尿病についてちょっと説明しておきますね。糖尿病とは血液中のブドウ糖濃度を測る血糖値が異常に高い状態を示す病名です。ブドウ糖はそもそも身体をうごかすエネルギー源で、血液と共に身体の各細胞に運ばれ筋肉や臓器といった各器官で使用されます。

しかし糖尿病になると血液と共に運搬されているブドウ糖が必要な器官に運ばれず、血液中に留まってしまいそれにより生体維持機能に障害が起きます。この状態が合併症と言われるのです。

そして糖尿病とインスリンの関係ですが、インスリンとは身体の中で唯一つだけの血糖を下げる働きを持つホルモンです。インスリンが体内に存在することで血液中のブドウ糖は体内の細胞や各器官に運搬されますので、インスリンが体内で不足してしまうとブドウ糖は血液中から必要な器官まで運ばれなくなってしまうのです。

インスリンが不足する理由にはインスリンを生成する細胞が破壊された事によって起こる(Ⅰ型糖尿病と呼ばれる)ものと、生活習慣や食習慣によってインスリンの分泌量が減ってしまったり、インスリンの働きが悪くなってしまう(Ⅱ型糖尿病と呼ばれる)ものがあります。

このような理由によってインスリンが体内で不足してしまい、糖尿病を発症してしまうのですが、糖尿病発症の理由となるインスリン不足をタウリンを摂取する事で防ぐことが出来るのです。

ミックスチャット「ライブチャット zeus」