タウリンが不足するとどうなる?
視力低下

タウリンが体内で不足すると、目の疲労回復が上手く出来なくなり結果視力の低下を招いてしまいます。

タウリンは目の網膜や視細胞の中に特に多く含まれています。網膜の中でも特に光受容体細胞の中にタウリンは大量に含まれていて、光受容体細胞が脳に視覚を伝える際に働いているのです。ここで視覚を感じるメカニズムを補足しておきますが、まず網膜の中に多数ある光受容体細胞は外部からの光を刺激として感知し興奮します。その興奮した状態を脳中枢に「視覚」として伝達し、私達は視覚を感じることが出来ます。

タウリンは光受容体細胞が刺激を感じたときに興奮しすぎてしまったりするのを防ぎ網膜を保護しているので、それにより視神経細胞の働きを守り目を守っているのです。

ですから、タウリンが不足してしまうと視神経細胞の働きは低下してしまい、光受容体細胞の退化が進んでしまい視力低下や暗順応機能(暗闇の中で目が徐々に慣れ、周囲が見えるようになる働き)の低下を招いてしまいます。

こういった理由によりタウリン不足は視力低下を招いてしまうのです。

また視力低下の原因には、目の疲労回復機能が充分でないというものもあります。視力の低下は目の疲労が慢性的に続いてしまう事も原因として考えられますので、目の疲労回復が適切に出来ていたら視力低下は防ぐことが出来るのです。

タウリンには目の疲労を回復してくれる働きもありますので、タウリンを含む食材を積極的に摂取していたりタウリンのサプリメントを服用していると目の疲労回復は適切になされ視力の低下は起こりにくくなるのです。

ミックスチャット「ライブチャット zeus」