タウリンのサプリメント
医薬品としてのタウリン

医薬品として使用されているタウリンには、大正富山製薬株式会社が製造を行っているタウリン散98%の『大正』があります。これは代謝性医薬品として使用されていて、心疾患肝臓疾患を持つ方に心臓や肝臓の働きを正常に維持する為に処方されています。

医療機関で処方してもらうタウリン散は別名『アミノエチルスルホン酸散』とも呼ばれているので、これを処方してもらったらそれはタウリンだという事です。

医薬品としてのタウリンは全て化学合成されたタウリンですので、処方してもらう時にもらう薬の説明書きには副作用の発症についての注意書きがなされています。医薬品としてのタウリンを処方してもらうにはお医者さんの診察が必要になりますから、副作用についての説明はその時になされるかもしれませんがここでも書いておきますね。

まず消化器系の副作用として吐き気、腹部の不快感、下痢、便秘や食欲不振などです。次に過敏症としての副作用では皮膚に湿疹が起こる事もあります。これらの副作用はどれも重篤なものではないですし、発症する確率も高くはないので過度な心配は必要ありません。

ですがもしもタウリン散やアミノエチルスルホン酸散を処方されて、服用した後にこれらの副作用の発症が認められたらすぐに服用を中止してお医者さんに相談するようにしましょう。

元々タウリンは魚介類などの生物の中に存在する成分ですから摂取しても副作用というものはありません。ですが医薬品で使用されているタウリンは化学合成されたもので、合成の過程で発生する不純物や中間物などが混入している可能性もあり、それによって副作用のおこる可能性があるのです。

医薬品としてのタウリンは非常に優秀な効能を持っているのですが、副作用の発症の可能性があることは忘れず用法・用量を必ず守って医師の指導のもと服用して下さいね。

ミックスチャット「ライブチャット zeus」